関連リンク

  • 厚生労働省
  • (公社)日本臓器移植ネットワーク
  • UNOS
  • 医学情報・医療情報 UMIN
  • 一般社団法人 日本移植学会
  • APASL2016 in Tokyo
HOME > 各種委員会

各種委員会

@会則委員会
【会則委員会】 委員長 向坂 彰太郎
メンバー構成
大段秀樹、後藤満一、田口智章、古川博之、持田 智
A広報委員会
【広報委員会】 委員長 小林英司
B国際委員会
【国際委員会】 委員長 川崎誠治
準備中
C小児肝移植委員会
【小児肝移植委員会】 委員長 笠原 群生
少ない脳死臓器提供のなか、どのように小児肝移植症例を救命してゆくか検討しております。
小児肝移植委員会では、「小児からの臓器提供は小児レシピエントへ」、「分割肝移植のドナー適応基準」を現在作成しております。また脳死肝移植登録制度がMELD scoreに移行するため、小児肝疾患が適正なMELD scoreに反映されるよう、各学会と議論をしております。
D登録委員会
【登録委員会】 委員長 猪股裕紀洋
1992年より、本邦で行われた全ての肝移植の登録を行っています。
年1回集計結果を「移植」誌に報告しています(本ホームページの「年間報告」をご参照下さい)。

速報!
2015年の本邦の肝移植数は448(脳死移植57、生体移植391)でした。
詳細は「移植」誌の「肝移植症例登録報告」で報告予定です。
Eドナー安全対策委員会
【ドナー安全対策委員会】 委員長 島田光生
ドナー安全対策委員会は、移植ドナーにおいて、死亡含めて術後重度合併症が発生した際に発動し、その詳細を調査した上で研究会に報告する委員会である。なお、生体肝提供(ドナー)手術に関する指針に従う中で発生したドナー死亡や重大合併症に際しては、肝移植研究会として調査を支援する。
Fドナー調査委員会

【ドナー調査委員会】 委員長 國土典宏
本邦では2014年末までに7673例の生体肝移植が施行されております。1名の死亡を含め、2009年の全国調査によると、生体肝移植ドナー手術後の重度の合併症頻度が4%と報告されました。
このような背景をうけ、ドナー調査委員会では、2004年に行われた「第1回生体肝移植ドナー調査」に引き続き、第2回生体肝移植ドナー調査を行うこととなりました。
この調査は、生体肝移植を目的とした肝臓提供手術を受けたドナーの皆様について、医学的側面からだけではなく、社会的、心理的、経済的な面を含んだ、より広い視点から把握、解析した上で、ドナーの皆様を取り巻く諸問題の改善を図ることを目的とした全国調査です。第1回の調査から10年以上が経過し、ドナーの皆様を取り巻く環境も変化してきましたことから、今般、第2回目の調査を実施する必要性があると判断いたしました。
私ども日本肝移植研究会では、末期肝不全で苦しんでおられる患者様の救命に努力するだけでなく、生体肝移植の実施に不可欠な生体ドナーの皆様のケア体制を充実させることなくしては、本医療の今後の発展は望めないと考えております。皆様方から頂く多くのご意見を通じて現状の問題点を明らかにし、調査結果を適切な形で開示すると共に、医療現場の改善へとつなげていく所存であることを御理解いただけますと幸いです。対象者は2011年末までに本邦で生体肝移植を目的とした肝臓提供手術を受けたドナーの皆様全員です。
本調査におきまして、日本移植学会倫理委員会、京都大学(日本肝移植研究会会長(上本伸二)所属施設)および各移植実施施設での倫理委員会の承認を得た後、アンケート調査を開始する予定です。現在、各移植実施施設の倫理審査の審査を行っているところです。全施設の倫理委員会の承認が得られた時点で、対象のドナーの皆様には、手術を実施した施設からアンケートをお送りしますので、その際にはご協力のほど何卒宜しくお願いいたします。なお、アンケートに際し、個々人のアンケートの返答内容は、連結不可能な形で匿名化された上で解析されますので、個人情報が特定されることはありませんのでご安心ください。

**問い合わせ先(アンケート対象者の方)**
★本アンケート用紙の内容についてのお問い合わせ先
質問の意味がわからない、答え方がわからないなど、アンケート用紙の内容についてご不明な点は、恐れ入りますが、以下の解析担当者のところまでお問い合わせくださいますようにお願いいたします。 
〒116-8551 首都大学東京大学院 看護科学域 清水準一
電子メール donor.jlts@gmail.com
G脳死肝移植症例調査委員会
【脳死肝移植症例調査委員会】 委員長 島田光生
脳死肝移植症例調査委員会は、脳死肝移植において、
1.移植適応が不適切である
2.術後早期に死亡する
3.術後管理に問題がある
などの場合に発動し、その詳細を調査した上で研究会に報告する委員会である
H脳死肝移植適応評価委員会
【脳死肝移植症例調査委員会】 委員長 市田 隆文
メンバー構成
上野義之、梅下浩司、川崎誠治、古川博之
Iプロジェクト委員会
【プロジェクト員会】 委員長 古川博之
準備中
一般社団法人 日本肝移植研究会
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
大阪大学 大学院医学系研究科 消化器外科学
TEL:06-6879-3251
FAX:06-6879-3259