関連リンク

  • 厚生労働省
  • (公社)日本臓器移植ネットワーク
  • UNOS
  • 医学情報・医療情報 UMIN
  • 一般社団法人 日本移植学会
  • 第41回日本間移植学会
HOME > 各種委員会

各種委員会

医療安全委員会
委員長:長谷川潔
委 員:赤松延久、寺井崇二、日比泰造、丸橋 繁、八木真太郎、吉住朋晴

本委員会は肝移植の医療安全に関わる諸問題につき、調査・検討します。必要あれば、個別の症例について委員会メンバーを中心に適宜検討委員会を組織して対応します(生体ドナーに関する案件を除く)。

会則委員会
委員長:徳重克年
委 員:江口英利、小倉靖弘、滝川康裕、袴田健一

会則委員会は、学会の会則の設定、変更を行う委員会です。適切な会則設定に向けて、調整する予定です。

学術・教育委員会
委員長:副島雄二
副委員長:日比泰造(学術)、吉住朋晴(教育)
委 員:赤松延久、池上 徹、楳田祐三、大平真裕、小倉靖弘、笠原群生、後藤了一、高槻光寿、 秦浩一郎、丸橋 繁、水田耕一、水野修吾、三田篤義、宮城重人

学術・教育委員会は、全国レベルの臨床研究、論文発表、学会・研究会など肝移植学会独自の学術活動を統括・推進することにより、我が国から世界へのハイレベルのエビデンスを発信いたします。また移植専門医を目指す若手医師や移植コーディネーター、一般市民への教育・啓発活動を推進いたします。

広報委員会
委員長:羽賀博典
委 員:上野豪久、大平真裕、添田英津子、野田剛広、丸橋 繁、山敷宣代

広報委員会はウェブサイトの管理を通じて学会の学術活動,研究,診療支援,プレスリリース,薬剤情報などに関する情報発信をおこなっていきます。

国際委員会
委員長:笠原群生
副委員長:池上 徹
委 員:赤松延久、大平真裕、蔵満 薫、小林省吾、阪本靖介、高槻光寿、秦浩一郎、日比泰造

国際委員会は、国際移植学会・国際肝移植学会・国際小児移植学会・アジア移植学会・国際肝胆膵外科学会などの肝移植関連国際学会と学術交流事業を推進して参ります。

財務委員会
委員長:河地茂行
委 員:大平真裕、千葉斉一、野田剛広

財務委員会は、本学会の健全な運営と継続的な社会貢献のために必須である財政状況を適正に整備・管理するための委員会であり、安定した健全な収支を達成するべく尽力して参ります

小児肝移植委員会
委員長:笠原群生
副委員長:上野豪久
委 員:小川絵里、阪本靖介、眞田幸広、田中秀明、松浦俊治、宮城重人、山田洋平

小児肝移植委員会は「小児からの臓器提供は小児肝移植待機患者さんへ優先」「脳死分割肝移植の適応基準・推進」を実現して参りました。2021年より「小児からの臓器提供推進」「多臓器移植が必要な小児患者さんへの基準作成」「小児肝移植患者の長期経過観察ガイドライン」などを関係学会・行政と議論を重ね、小児肝不全患者さんを確実に救命できるよう尽力して参ります。

登録委員会
委員長:江口 晋
委 員:伊藤孝司、梅下浩司、江口英利、笠原群生、蔵満 薫、曽山明彦、武富紹信、八木孝仁

登録委員会は1992年からの本邦での肝移植について登録を行い、定期的に解析結果を医学誌・本学会ホームページにて報告・公表しています。昨年より学術・教育委員会と連携し、広く学会員よりのテーマを解析する制度に致しました。本邦の肝移植について世界に発信できるようデータ収集の精度を保ちたいと存じます。

ドナー安全対策委員会
委員長:高田泰次
委 員:上田佳秀、上野義之、副島雄二、永野浩昭、日比泰造、持田 智

ドナー安全対策委員会は、生体肝移植ドナーにおいて、死亡ならびに術後重度合併症が発生した際に発動し、その詳細を調査した上で学会に報告する委員会です。なお、生体肝提供(ドナー)手術に関する指針に従う中で発生したドナー死亡や重大合併症に際しては、学会として調査を支援します。

脳死肝移植症例調査委員会
委員長:高田泰次
委 員:上野義之、江川裕人、菅原寧彦、八木孝仁、吉住朋晴

脳死肝移植症例調査委員会は、脳死肝移植において、
1.移植適応が不適切である
2.術後早期に死亡する
3.術後管理に問題がある
などの場合に発動し、その詳細を調査した上で研究会に報告する委員会です。

脳死肝移植適応・選択基準検討委員会
委員長:上田佳秀
副委員長:小倉靖弘
委 員:上野義之、蔵満 薫、阪本靖介、日比泰造

脳死肝移植適応・選択基準検討委員会は、「脳死肝移植希望者(レシピエント)適応基準とこれに関連する選択基準」が適切に運用されるよう必要に応じて改定に向けた議論を行うことにより、より多くの患者さんを脳死肝移植により救うため尽力します。

保険診療委員会
委員長:福本 巧
委 員:伊藤孝司、蔵満 薫、阪本靖介、吉住朋晴

保険診療委員会は、2年に一度の診療報酬改定に向けて、新規保険収載の要望が出された手技や保険点数改訂の要望事項などについて検討し、移植学会と連携して厚生労働省に申請することで、肝移植における保険診療の推進を目指します。

腹腔鏡下移植用部分肝採取術(生体)(外側区域グラフト)の導入と症例の登録に関して
腹腔鏡下移植用部分肝採取術(生体)(外側区域グラフト)プロクター申請について
 腹腔鏡下移植用部分肝採取術(生体)(外側区域グラフト)プロクターリスト(PDF:62.0KB)

倫理・COI委員会
委員長:永野浩昭
委 員:塚田敬義、野尻佳代

倫理・COI委員会は、肝移植診療における治療に関する倫理問題を検討するとともに、本学会における利益相反(conflict of interest: COI)を適切に管理(マネージメント)することも目的として活動します。

一般社団法人 日本肝移植学会
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
大阪大学 大学院医学系研究科 消化器外科学
TEL:06-6879-3251
FAX:06-6879-3259